医療法人 山崎歯科医院 > 新着情報 > お口の中の最凶王 「Pg 菌」

お口の中の最凶王 「Pg 菌」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

こんにちは(^^)/

皆さんも聞いたことがある「歯周病」についてお話です。



 

お口の中の最凶王 「Pg 菌」

人類史上最大の感染症といわれる歯周病。日本の成人の約 8 割がかかっていると報告されています。

その中でも最強にして最恐の歯周病病原菌、その名も「Pg 菌」のご紹介をいたします。
Pg 菌は病原性が高く、糖尿病、関節リウマチ、認知症、動脈硬化などの深刻な病気と関係していると報告されています。

おまけに新型コロナ感染症を重症化させる可能性も指摘されています。

 

歯周病 Pg 菌とは?


歯周病菌の種類の中でも悪の頂点に立つのが Pg 菌(ポルフィロモナス・ジンジバーリス)。
私たちの名前に由来があるように、細菌の名前にもれっきとした由来と意味があるのです。
苗字のボルフィロモナスは鉄が好きな個体という意味。名前のジンジバリスは歯肉(ジンジ)が由来です。

名前の由来を知ることで Pg 菌に少し興味が湧いてきましたか?

 

侵入のプロ!口の中だけに留まらない Pg 菌

歯周病菌はバイオフィルム(生物膜)の中だけではなく、歯の周りや舌・ほほ粘膜の細胞の中にも侵入し住みつきます。

しかし Pg 菌は他の歯周病菌と比べて、細胞内に侵入する能力が非常に高く、毛細血管の壁を通り抜け、血流に乗り、全身のさまざまな臓器に炎症を引き起こします。
歯周病菌の中でも全身に深刻な悪影響を与える Pg 菌ですが、「クルクミン」という天敵が存在します。

 

Pg 菌の侵入を阻止せよ!クルクミン

Pg 菌が持つ強力な武器、ジンジパイン(タンパク分解酵素)は、歯周病に深く関係しています。
・歯周組織を破壊
・歯肉退縮を起こす
・歯周ポケットが深くなる
・歯周ポケットの止血阻害
・炎症を促進し歯周病を進行させる
など
クルクミンは、この Pg 菌の強力な武器ジンジパインのタンパク質分解活性を邪魔します。

これによって、Pg 菌の血管細胞への侵入による全身疾患への悪化の抑制に効果があります。

 

Pg 菌の天敵、クルクミンとは?

クルクミンとは、みなさんご存知のウコンに含まれる黄色い色素です。

ポリフェノールの一種で、薬としての応用が検討されている成分です。

<クルクミンの歯周病への効果>
・Pg 菌のタンパク分解酵素(ジンジパイン)の活性阻害
・抗菌作用
・Pg 菌の細胞侵入阻害
・バイオフィルム形成阻害、
・抗炎症

 

これほどPg菌の邪魔をするクルクミンは、天敵と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか。

ほかにも抗酸化作用、抗腫瘍作用など、歯周病への応用が検討されるずっと前から、さまざまな生理活性を発揮することが報告されています。

歯周病は 100 以上の全身疾患と関係するといわれます。クルクミンは歯周病に対してだけでなく、歯の周りの炎症を抑制することによって全身への悪影響を防ぐことに役立ちます。

次回は、歯周病と全身疾患の繋がりについてお話いたします。

当院では、一般的な歯科治療のほか、歯周病治療にも力を入れております。
お困りことがあれば是非お気軽にご相談ください。

長野市・篠ノ井・千曲の歯医者
医療法人 山崎歯科医院
naganoshi-yamazakidc.com


〒388-8014 長野県長野市篠ノ井塩崎3739-4
TEL:026-292-8100